宿泊の案内 

宿所は場所を移動して2箇所になります。

8/17(土)~18(日)にソウルと京畿道を中心とした現場フィルドワークが多いためソウルの宿泊所と講義とグループ集まり、交流会のための京畿道 加平(ガピョン)と二箇所で宿泊することになりました。ワークショップの期間中宿泊所を移動しなければならない不便さをご了解お願いいたします。

8/16(金)~17(土)にはソウルの永登浦(ヨンドンポ)のHI SEOUL YOUTH HOSTELで2泊して
18(日) 朝食のまえ荷物を包んでバスに載せてDMZのフィールドワークの後、京畿道 加平(ガピョン)の宿所に移動して
8/18(日)~20(火)には京畿道 加平(ガピョン)の恋人山多目的 キャンピング場で行われます。 

 

◆ HI SEOUL YOUTH HOSTEL 8/16(金)~17(土) 2泊 

住所:200 Youngshin-ro, Youngdeungpo-gu, Seoul 郵07244
HP:http://hiseoulyh.com/en/location/
GOOGLE地図 :https://goo.gl/maps/y6NVKu9vKuu

 

 

◆ 京畿道 加平(ガピョン)の恋人山多目的 キャンピング場 

住所:441, Baekdun-ro, Buk-myeon, Gapyeong-gun, Gyeonggi-do, Republic of Korea 郵12406
HP:http://www.activekorea.kr/html/room01_01.htm
GOOGLE地図 :https://goo.gl/maps/LbP2r4YU7wL2

 

 

 

2019東アジア共同ワークショップ@SEOUL
– 3.1からろうそくの火まで

2019.08.16(金)~08.20(火) @ソウル、坡州(パジュ) 、京畿道 加平(ガピョン)

韓国は3.1運動から今年で100年周年を迎えました。

そこで今回は、これまでの歴史を3.1運動、強制動員、分断、ろうそく運動、東アジアの運動という大きな枠組みの中で、共に考え話し合いたいと思います。

もちろん限られた時間のなか、すべての歴史を振り返ることはできないでしょう。

だが、一つ一つの事件の点と点が繋がったのがどこであるかを振り返り、これからの私たちが点と点になって歩むその道がどこを目指すのかをフィールドワークと講義、文化体験、交流などを通じ探していきたいと思います。

韓国-在日-日本-台湾の若者たちと一緒になってソウル・京畿道の坡州(パジュ)を中心として、生活圏のすぐそばにありながらしっかり見通せていなかった歴史の現場にも直接行ってみて、関連した講義も聴いて、これから我々が生きて行く100年に向かって皆で話し合ってみるのはいかがでしょう?

 

○ 日時 : 8/16(金)~8/20(火) 4箔 5日
○ 場所 : ソウル-京畿道坡州(パジュウ)-京畿道 加平(ガピョン)
○ 参加者の構成 : 約70人
   韓国 – 平和の踏み石の会員及び市民、大学生
   日本 – 東アジア市民ネットワークの会員及び市民、大学生
   台湾 – 関連市民団体及び市民、大学生

○ 人数 : 先着順35人(外国の参加者)
○ 経費 : 20万ウォン(学生15万ウォン)
○ 主催 : 平和のための踏み石(韓国)、東アジア市民ネットワーク(日本)
○ 問い合わせ : Tel 82-2-2677-8270 stepping_stone@naver.com
○ 申し込み :https://forms.gle/qkhkaAWKAZDYL6yg8

○ 主な日程
☞ 3.1からろうそくの火までのフィルドワーク

◇ 道の上で逢う歴史
ソウルで見ることができる歴史の場ー鍾路、龍山、麻浦一帯を回る歴史探訪を行います。 3.1運動、日帝強占期などの痕跡を確認してその意味は何かを一緒に話し合いましょう。

◇ 市民の力で設立した植民地歴史博物館
政府からの支援金はまったくなく市民からの後援金だけで設立した所で、研究員が直接説明をするためもっと生々しい歴史を聞くことができます。歴史を思いを馳せ、記憶しなければいけいかを話し合いましょう。

◇ ソウルで会う国家暴力の歴史ー西大門刑務所
日帝強占期の独立運動家の弾圧現場であり、軍府独裁期の国家暴力の歴史をそっくりそのまま抱き込めている西大門刑務所で近現代史を一緒に話しましょう。

◇ ろうそくの火運動の足跡
ろうそくの火運動の中心であった方を招待して当時の話しも聞いてろうそくの火運動の成功できた理由や知られてない話しとかを聞いて現代の運動の意味を話しましょう。

◇ 70年ぶりの里帰りの追悼墓ー追悼式
2015年’70年ぶりの里帰り’で北海道から奉還された強制労働犠牲者の追悼墓で追悼を行って歴史の中の個人の生き方を話しましょう。

◇ 戦争と分断の痛みを振り向かう臨津閣&DMZ
まだ終わってない戦争、世界唯一の休戦地の臨津閣&DMZなどを直接行ってみて戦争とその後われわれに残されたことは何かを話し合いましょう。

※ フィルドワークの中には70人が同時に参加できないところもありまして、グループに分けてコースで回りそれを他の参加者と共有することにします。詳しいスケジュールが整いしだい参加申請者にお伝えして決めていただきたきますことをご了解お願いいたします。

 

○ 日付別スケジュール

※ 時間とかの詳しい部分は今のところ調節中です。
8/16(金)

16時 : 開幕式 @HI SEOUL YOUTH HOSTEL
18時 : 夕食
19時 : 参加者の挨拶とグループ紹介
22時 : 交流会

8/17(土)

08時 : 朝食
09時 : 移動
10時~12時 : ソウル歴史地フィルドワーク  @ 鍾路、龍山、麻浦(地名)
12時 : 昼飯
13時~16時 : 強制動員フィルドワーク @植民地歴史博物館
16時~18時: ろうそく火フィルドワーク@光化門(地名)
18時 : 夕食
19時 : 移動
21時 : 交流会 @HI SEOUL YOUTH HOSTEL

8/18(日)

08時 : 朝食
09時 : 移動
10時~11時 : 70年ぶりの里帰り追悼お墓  @ 京畿道坡州(地名)
11時 : 移動
12時 : 昼飯
13時~17時 : DMZ&土窟 フィルドワーク @ 京畿道坡州(地名)
17時: 移動
19時 : 夕食
20時 : グループ集い
21時 : 交流会 @京畿道 加平(ガピョン)

8/19(月)

08時 : 朝食
09時~12時 : シンポジウムI-各国の運動など
12時 : 昼飯
13時~16時 : シンポジウムII-連帯と平和
16時~19時: グループ集いと感想発表
19時 : 夕食
19時 : 移動
20時 : 交流会

8/20(火)

08時 : 朝食
09時~11時 : 閉会式
11時 : 移動 @ソウル、仁川空港(およそ3時間)

※ 詳しい部分は調整中で上記のスケジュールは現場の事情によって変わることもありますことをご了解尾長居いたします。

 

宿泊の案内 

宿所は場所を移動して2箇所になります。

8/17(土)~18(日)にソウルと京畿道を中心とした現場フィルドワークが多いためソウルの宿泊所と講義とグループ集まり、交流会のための京畿道 加平(ガピョン)と二箇所で宿泊することになりました。ワークショップの期間中宿泊所を移動しなければならない不便さをご了解お願いいたします。

8/16(金)~17(土)にはソウルの永登浦(ヨンドンポ)のHI SEOUL YOUTH HOSTELで2泊して
18(日) 朝食のまえ荷物を包んでバスに載せてDMZのフィールドワークの後、京畿道 加平(ガピョン)の宿所に移動して
8/18(日)~20(火)には京畿道 加平(ガピョン)の恋人山多目的 キャンピング場で行われます。 

 

◆ HI SEOUL YOUTH HOSTEL 8/16(金)~17(土) 2泊 

住所:200 Youngshin-ro, Youngdeungpo-gu, Seoul 郵07244
HP:http://hiseoulyh.com/en/location/
GOOGLE地図 :https://goo.gl/maps/y6NVKu9vKuu

 

 

◆ 京畿道 加平(ガピョン)の恋人山多目的 キャンピング場 

住所:441, Baekdun-ro, Buk-myeon, Gapyeong-gun, Gyeonggi-do, Republic of Korea 郵12406
HP:http://www.activekorea.kr/html/room01_01.htm
GOOGLE地図 :https://goo.gl/maps/LbP2r4YU7wL2